サッカーの第97回天皇杯全日本選手権は22、23日、各地で1回戦24試合を行う。長野県代表のAC長野パルセイロは22日、長野市の長野Uスタジアムで三重県代表の鈴鹿アンリミテッドFCと対戦する。J2の松本山雅は、6月21日の2回戦から登場する。

 AC長野は県予選決勝で北信越リーグ1部のアルティスタ東御を3―0で下し、6年連続7度目の天皇杯出場を決めた。

 この試合は、J3で2連敗した6日後だった。浅野監督はリーグ戦では控えの選手9人を先発に起用。プロの意地を球際にぶつけ相手を圧倒した。勢いをつけたチームは、次のリーグ戦第5節で連敗を脱出した。

 今回の1回戦は、リーグ戦を見据えチーム力を底上...    
<記事全文を読む>