第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会が22日開幕する。3年ぶりに出場する佐賀県代表の佐賀大は同日午後2時から、大阪市のヤンマースタジアムで大阪府代表のFC大阪と対戦、4年ぶりの初戦突破を狙う。

 佐賀大は県予選決勝で川副クラブに4-1で快勝。坂元康成監督は「これまで多くの選手に出場機会を与えてきた成果が出ている」と層の厚みに手応えを示す。

 県予選では好機を確実に仕留める得点力が光った。攻撃は昨夏九州大学選抜メンバーに選ばれたMF林慎太郎がリズムをつくる。県予選1回戦でハットトリックを達成したMF松本健太郎や、2戦連続得点のMF奥裕啓にも勢いがあり、守備は中盤の選手が豊富な運動量でプレス...    
<記事全文を読む>