いわき市を本拠地にするサッカー福島県社会人リーグ1部いわきFCが、快進撃を続けている。現在のチーム体制になってからわずか2年目。9日の県代表決定戦でJ3福島を破り、22日開幕の天皇杯全日本選手権初出場を決めた。原動力は「Jリーグトップ級に並ぶ」と自負する練習環境で進める肉体強化。目標のJリーグ入りへ、地元の期待が高まっている。

 市内に昨年11月完成した専用グラウンドで16日にあった県リーグ開幕戦。いわきFCは豊富な運動量で10-0と大勝した。

 「相手にパスを5本以上つなげさせるな」。元Jリーガーの田村雄三監督が指示したのは前線からプレスをかける攻撃的サッカー。「単に勝つだけではなく、試...    
<記事全文を読む>