22日に開幕する第97回天皇杯全日本サッカー選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)に初出場するサッカーJ3アスルクラロ沼津の選手が、1回戦突破へ闘志を燃やしている。

 アスルクラロ沼津は9日のスルガ杯県サッカー選手権大会で藤枝MYFCを下し、静岡県代表の座を手にした。1回戦は本拠地の愛鷹広域公園多目的競技場で北信越リーグのサウルコス福井を迎え撃つ。

 勝ち進めばJ2やJ1チームとも対戦できる天皇杯。尾崎瑛一郎主将は「上位カテゴリーのチームと試合ができる数少ない機会」と捉える。「いい準備をして、出られなかった藤枝など県内チームを代表し、初戦を必ず勝ちたい」と意気込む。

 ...    
<記事全文を読む>