サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の代表決定戦が9日、各地で行われて33府県の代表が決まり、本大会に出場する88チームが出そろった。1回戦は22、23日に行われる。J1とJ2の40クラブは6月21日の2回戦から登場する。

 徳島県代表は四国リーグのFC徳島セレステとJ2の徳島ヴォルティス。2年連続2度目出場のFC徳島は4月22日、鳴門ポカリスエットスタジアムに長崎県リーグ1部のMD長崎を迎えて1回戦を戦う。高さのあるFW陣を擁するMD長崎に対し、FC徳島は個々の力と前線からのプレスで対抗する。

 徳島ヴォルティスは前身の大塚製薬時...    
<記事全文を読む>