サッカーの県選手権大会兼天皇杯全日本選手権県代表決定戦(県サッカー協会など主催)は9日、四日市市日永東の中央緑地陸上競技場で決勝があった。2年連続で将来のJリーグ入りを目指すチーム同士の対戦となり、鈴鹿アンリミテッドFC(東海社会人リーグ1部)が延長戦の末2―1でヴィアティン三重(JFL)を下して2年連続4度目の天皇杯出場を決めた。

 天皇杯は今月22日に全国各地で開幕し、鈴鹿は長野市篠ノ井東福寺の長野Uスタジアムで、長野県代表のAC長野パルセイロ(J3)と1回戦を戦う。

 鈴鹿、ヴィアティンの対戦は、JFL昇格を懸けてヴィアティンが勝利した昨年11月の全国地域チャンピオンズリーグ決勝ラウ...    
<記事全文を読む>