サッカーの第67回県選手権兼第97回天皇杯全日本選手権県予選(県サッカー協会、NHK盛岡放送局、岩手日報社主催、細川産業特別協賛)の決勝は9日、盛岡市のいわぎんスタジアムで行われ、J3のグルージャ盛岡が延長の末、富士大に1-0(前半0-0)で競り勝ち、10年連続11度目の天皇杯出場を決めた。

 グルージャは0-0で迎えた延長前半4分、味方のパスに抜け出したMF岩渕良太が落ち着いて流し込み先制、そのまま逃げ切った。富士大はサイドから好機をつくったが、最後まで得点を奪えなかった。

 グルージャは本県代表として23日の天皇杯1回戦に登場し、盛岡市の県営運動公園陸上競技場で宮城代表のソニー仙台(J...    
<記事全文を読む>