◆決勝カード決まる サッカーの第22回県選手権兼第97回天皇杯全日本選手権県代表決定戦(岐阜新聞社など共催)は2日、県フットボールセンターで準決勝を行い、FC岐阜セカンド(社会人1位)と岐経大(大学1位)が決勝に駒を進めた。

 大会2連覇中のFC岐阜セカンドは、FCBonboneraGIFU(社会人3位)と対戦。0-0で迎えた後半1分に、MF土田快樹の右足で先制した。5分後にはMF入山晃輔が、ゴール中央で右クロスに合わせて2-0。その後、与えたPKを決められたが2-1で逃げ切った。

 長良クラブ(同2位)と戦った岐経大は、前半開始直後にFW谷口海斗のシュートが決まり、主導権を握った。後半に...    
<記事全文を読む>