サッカーの第67回県選手権兼第97回天皇杯全日本選手権県予選(県サッカー協会、NHK盛岡放送局、岩手日報社主催、細川産業特別協賛)の準決勝は2日、盛岡市の県営運動公園で行われ、富士大が富士クラブ2003に4-1で勝利した。

 富士大は開始早々の前半1分、FW工藤大輝(3年)のゴールで先制すると、さらに2点追加。1点を奪った後半は防戦を強いられたが、富士クラブの反撃を1点に抑え、逃げ切った。

 決勝は9日、盛岡市のいわぎんスタジアムで午後2時5分キックオフ。富士大は2004年以来の天皇杯出場をかけ、10連覇を狙い決勝から登場するグルージャ盛岡と対戦する。【写真=富士大-富士クラブ2003 前...    
<記事全文を読む>