鈴鹿市拠点の社会人サッカーチーム「鈴鹿アンリミテッドFC」の関係者が二十五日、鈴木英敬知事を表敬訪問し、東海社会人サッカーリーグ1部開幕を前に健闘を誓った。

 将来のJリーグ入りを見据えて、今季の目標にアマチュア最高峰リーグのJFL(日本フットボールリーグ)昇格を掲げる。東海社会人リーグ優勝か、全国社会人選手権で上位に入れば、JFL昇格が懸かる全国地域チャンピオンズリーグ(CL)に出場できる。

 昨年は全国地域CL決勝ラウンドで、同じ県勢のヴィアティン三重に敗れて昇格を逃した。小澤監督(52)は「今年は結果にこだわる」。決勝ラウンドも戦った堀河主将(27)は「自分の感じた悔しさを仲間に伝え...    
<記事全文を読む>