境町は二十日、浦和レッズで活躍した元Jリーガーの広瀬治さん(51)に「地域おこし協力隊」を委嘱した。広瀬さんは、地元の社会人サッカーチーム「境トリニタス」の監督として、選手の指導に当たる。

 広瀬さんはJリーグ通算百七十二試合に出場し、十三得点を挙げた。現役引退後は、下部組織のコーチ、監督を経て、二〇〇七~一一年まで浦和でトップチームのコーチを務めた。

 昨年、スタートした境トリニタスは、県社会人サッカーリーグの三部から、今季は二部リーグに昇格した。現在、二十五人の選手が所属している。

 広瀬さんは「サッカーを通じて、明るく元気な町にしていきたい。プレーヤーとしてだけでなく、人としても成長で...    
<記事全文を読む>