5月に韓国で開幕するサッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)を目指すU―20日本代表候補は18日、千葉市のフクダ電子アリーナでJ2千葉と練習試合を行い、4―1で勝った。30分を3本の形式で、小川(磐田)が2点を決めた。2日間の合宿を終え、5月初旬にW杯メンバー21人が発表される。  小川は1本目にミドルシュートを決め、2本目にロングパスに抜け出して蹴り込んだ。メンバーを入れ替えた3本目は遠藤(横浜M)の直接FKと橋岡(浦和ユース)のヘディングで突き放した。  内山監督は「チームとして順調に積み上げられている」と手応えを口にした。  ■小川(磐田)2得点 不安払拭  U―2...    
<記事全文を読む>