サッカーの「高円宮杯U-18プレミアリーグ」西地区第2節は16日、どらドラパーク米子陸上競技場などで行われ、米子北高は福岡ユースに4-0で大勝し、ホーム開幕戦で初白星を飾った。通算1勝1敗で4位。米子北高―福岡ユース 後半49分、ゴール右前から馬場琢(右)がこの日2点目のシュートを決め、4―0と突き放す=どらドラパーク米子陸上競技場 米子北高は前半、両サイドから前線の城市、葉間田に当てたが、得点につながらなかった。後半9分に坂田が左サイドから中央に運ぶと、馬場琢が先制のシュート。29分には馬場隆がミドルシュートを決めた。42分には途中出場の門村、49分には馬場琢が追加点を挙げた。

 米子...    
<記事全文を読む>