サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)2017プリンスリーグ四国は8日、高知県春野総合運動公園で開幕し、5試合が行われた。徳島県からは徳島市立高校、徳島ヴォルティスユース、徳島北高校の3チームが出場し、徳島市立高校が白星スタートした。

 2016年2位の徳島市立高は3-1で高知西高(高知)を下した。同年4位の徳島ヴォルティスユースは、大手前高松高(香川)にロスタイムで追い付き2-2で引き分け。2年ぶりに同リーグへ復帰した徳島北高も終了間際のゴールで前回優勝の明徳義塾高(高知)と2-2の引き分けに持ち込んだ。

 同リーグは、四国4県の高校とJリーグ・ユースチームの計10チームが参加。2回戦...    
<記事全文を読む>