サッカーの天皇杯全日本選手権の出場権を懸けた新潟日報杯県選手権は2日、聖籠町のJAPANサッカーカレッジ(JSC)グラウンドなどで準決勝2試合を行い、新潟医福大が2-1でJSCに競り勝った。新潟経営大は4-1で09経大FCに逆転勝ちした。

 決勝のカードは2年連続で新潟医福大-新潟経営大となり、9日に新潟市陸上競技場で開かれる。

 2017年度の天皇杯は日程改革で、本戦開幕が今月22日に変更されたため、県選手権の日程も変わった。

...    
<記事全文を読む>