サッカーの第97回天皇杯全日本選手権出場を懸けた第22回島根県選手権(島根県サッカー協会主催、山陰中央新報社など共催)の第2日は2日、松江市営補助競技場で準決勝があり、中国リーグ勢の松江シティFC、デッツォーラ島根が勝ち上がり、決勝で顔を合わせることになった。

 昨季中国リーグ2位の松江シティはE-WING出雲(出雲地区)に3-1で順当勝ち。前半16分のFW西村光司のゴールで主導権を握った。昨季中国リーグ6位のデッツォーラ島根は島根大(松江地区)に5-1で大勝。前半で3ゴールを奪った。

...    
<記事全文を読む>