2017年度県社会人サッカーリーグ(県サッカー協会主催、静岡新聞社・静岡放送後援)の開会式が1日、静岡市駿河区の県男女共同参画センターあざれあで行われた。1~3部計36チームの代表者が出席し、健闘を誓った。

 同協会の竹山勝自専務理事(64)が「長丁場だが、フェアプレーの精神を忘れず上を目指して頑張ってほしい」と激励した。16年度2部リーグで優勝し、1部リーグに昇格したトヨタL&F静岡の内山直貴選手(35)=浜松市東区=は「正々堂々と戦う」と宣誓した。

 リーグ戦は9日に開幕し、秋まで各部全11節の総当たり戦を行う。1部リーグの上位2チームは、東海リーグとの入れ替え戦を兼ねた東海社会人トー...    
<記事全文を読む>