明治安田J3は29日、2試合を行い、カターレ富山(暫定4位)は静岡県の藤枝総合運動公園サッカー場で藤枝MYFC(同14位)と戦い、1-1で引き分けた。通算成績は3勝2分け1敗の勝ち点11で、順位は変わらない。

 富山は前半から主導権を握り、今季初の先発メンバーに入ったMF苔口が積極的にシュートを放った。守備では素早い寄せや徹底した切り替えで相手の動きを封じたが、前半45分、スローインから一瞬の隙を突かれて失点。後半34分、MF窪田のスルーパスに走り込んだ苔口が冷静にシュートを放ち、同点に追い付いた。

 試合を通してFKやCKのチャンスを多く得て、相手より7本多い計11本のシュートを放ったも...    
<記事全文を読む>