サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催)が22日、秋田市のあきぎんスタジアムなどで開幕し、1回戦を行った。本県代表でJ3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)は、東京都代表の国士舘大と対戦。主導権を奪い返せないまま1―2で敗れた。秋田県勢の1回戦敗退は2009年度の第89回大会で、BB秋田の前身のTDK(当時JFL)がソニー仙台(同)に1―2で敗れて以来。10年にBB秋田となってからは初めて。

...    
<記事全文を読む>