サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は22日開幕して福島市のとうほう・みんなのスタジアムなどで1回戦13試合が行われ、福井県代表のサウルコス福井は静岡県代表のJ3アスルクラロ沼津に0―1で敗れた。

 決して防戦一方ではなかった。サウルコス福井も果敢に攻め込んだがシュートにつなげられない。わずかに見える差が大きな差だったように感じた試合だった。

 前半はスピードのある相手FWにドリブルで攻め込まれたり、クロスボールを上げられたり。だが、予想していた攻撃。堅実な守備で応戦した。「守備は流れの中でやられなかった」(望一仁月監督)。

 失点は...    
<記事全文を読む>