サッカー明治安田J3第5節最終日は16日、富山県総合運動公園陸上競技場などで残り6試合を行い、FC琉球はカターレ富山と0―0で引き分けた。琉球は通算成績1勝2分2敗の勝ち点5で順位は12位に下がった。琉球は前半、なかなか前線にボールを運べない状態が続いた一方、昨季琉球に所属していた点取り屋のパブロを擁する富山の調子は徐々に上がってきた。後半はピッチ中央付近で激しい攻防を繰り広げた。琉球は最終盤まで何度も決定的な場面をつくられたが、GK積田景介の好セーブをはじめ、守備陣も相手にしっかり体を寄せ、守り抜いた。次節は30日午後5時から沖縄市の県総合運動公園陸上競技場で、ブラウブリッツ秋田と対...    
<記事全文を読む>