明治安田J3は16日、各地で6試合を行い、カターレ富山(暫定4位)は富山市南中田の県総合運動公園陸上競技場でFC琉球(同11位)と0-0で引き分けた。通算成績は3勝1分け1敗の勝ち点を10で、順位は変わらない。

 富山は立ち上がりから前線の裏を狙うパスやサイド攻撃でゴール前に攻め、相手を揺さぶった。前半35分、ペナルティーエリア内でパスを受けたMF衛藤が左足で蹴り込み枠内を捉えたが、ボールはGKにはじかれ、惜しくも右ポストをたたいた。

 後半は細かなパス回しから優位に展開し、守備では前線から積極的にプレスをかけ、球際での勝負強さを見せた。後半5分にMF佐々木陽が放ったミドルシュートは、相手...    
<記事全文を読む>