J1FC東京のユースに所属するFW久保建英(たけふさ)は15日、J3のFC東京U-23の一員として1-0で勝ったヤンマースタジアム長居でのC大阪U-23戦で決勝点を挙げ、15歳10カ月11日でJ3最年少得点記録を樹立した。J1最年少は森本貴幸(当時東京V、現川崎)の15歳11カ月28日。

 バルセロナ(スペイン)の下部組織でプレーした経験を持つ久保は左から切れ込み、得意の左足で豪快に蹴り込んだ。クラブ広報を通じ「決めた瞬間は本当にうれしかった。ここまで毎試合、今日こそ決めてやろうと思って臨んでいた。結果を残せてほっとした」とのコメントを出した。

 久保は中学3年だった昨年11月にJ3最年...    
<記事全文を読む>