第97回天皇杯予選を兼ねたスルガ杯県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、静岡新聞社・静岡放送共催)は9日、草薙球技場で決勝を行い、沼津が藤枝を3―0で下し、初の天皇杯出場を決めた。

 沼津は前半、尾崎瑛一郎の得点とオウンゴールで2点をリード。試合終了間際にも追加点を奪った。

 沼津は22日の1回戦(午後1時、愛鷹広域公園多目的競技場)で福井代表のサウルコス福井と対戦する。昨年の日本フットボールリーグ(JFL)王者で前回16強のホンダFCは、23日の1回戦(午後1時、ホンダ都田サッカー場)で滋賀代表のびわこ成蹊スポーツ大と顔を合わせる。

 ▽決勝沼津 3(2―0 1―0)0 藤枝▽得点者【...    
<記事全文を読む>