日本フットボールリーグ(JFL)のヴァンラーレ八戸は29日、宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場でホンダロックと対戦し、3―0で快勝した。開幕6連勝で順位は1位のまま。

 ヴァンラーレは前半19分、ゴール前でキーパーがはじいたこぼれ球をFW井上翔太郎が流し込んで先制。37分にはFW中田大貴が公式戦初ゴールを決めた。後半27分にはPKで追加点を挙げ、相手を寄せ付けなかった。

 次節の5月3日は、八戸市のダイハツスタジアムでソニー仙台と対戦する。午後1時キックオフ。

...    
<記事全文を読む>