サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第2日は23日、沖縄県総合運動公園陸上競技場などで1回戦の残り試合を行い、県代表でJ3のFC琉球は日本フットボールリーグ(JFL)のFC今治(愛媛)に5―5からのPK戦を3―5で惜敗した。攻撃的サッカー同士の初戦は前後半で4―4、延長戦も1点ずつと得点を奪い合った。琉球は延長後半14分にゴール前の混戦からDF西岡大志が同点とし、直後に与えたPKをGK李京泰が止めるなど意地を見せたが、PK戦で屈した。J3のリーグ戦ではここまで5試合で3失点と安定していた守備が崩れた。▽1回戦FC今治(愛媛)5―5(2―...    
<記事全文を読む>