第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会第1日は22日、奈良市のならでんフィールドなどで13試合があり、県代表の奈良クラブは0―1でヴァンラーレ八戸(青森代表)に敗れた。

 奈良クラブは前半から積極的な攻撃を仕掛け、20分ごろには3分間に3回CKの権利を得るなど、じわじわと相手ゴールを攻め、先制の機会をうかがった。途中、坂本がラフプレーでイエローカードを受けるも、勢いをそぐことなく相手を揺さぶり続けた。

...    
<記事全文を読む>