第97回天皇杯全日本サッカー選手権第2日は23日、大分市の大分銀行ドームなどで1回戦11試合があった。県代表のヴェルスパ大分は同会場で高知ユナイテッドSC(高知県代表)と対戦し、2―1で勝利した。

 大分は2回戦の6月21日、大阪府吹田市の吹田サッカースタジアムでJ1のG大阪と対戦する。集中切らさず後半に2得点 後半に2点を挙げ逆転したヴェルスパ大分が初戦突破を果たした。佐野達監督は「慌てずに点を重ねることができた。選手も最後まで集中力を切らさなかった」と振り返った。

 大分は前半、四国リーグ所属の相手に苦しい展開だった。ボールをつないでもシュートまで持ち込めず、同36分にセットプレーから...    
<記事全文を読む>