サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第2日は4月23日、1回戦の残り11試合を行った。高知県代表の高知ユナイテッドSCは、大分銀行ドームで日本フットボールリーグ(JFL)のヴェルスパ大分(大分県代表)と戦い、1―2で惜敗した。

  高知ユナイテッドは前半、圧倒的にボールを支配して主導権を握り、36分には、DF広利の右コーナーキックをMF横竹が頭で合わせて先制した。しかし、1―0で折り返した後半、前に出てくる相手に後手に回るようになり、16、21分と立て続けに失点。県勢4年ぶりの勝利はならなかった。

  JFLのFC今治(愛媛)はJ3...    
<記事全文を読む>