天皇杯サッカー第2日は23日、盛岡市の岩手県営運動公園陸上競技場などで1回戦の残り試合が行われ、日本フットボールリーグ(JFL)のソニー仙台(宮城)-J3盛岡(岩手)の東北勢対決は、盛岡が2-0で勝ち、2回戦に進んだ。◎盛岡 粘り強い守備 ▽1回戦盛岡(岩手) 2/0-0/0 ソニー仙台(宮城)         2-0▽得点者【盛】菅本、八角 【評】ソニー仙台は終盤に2失点して競り負けた。立ち上がりからサイドを使って果敢に攻め込み、相手を上回る9本のシュートを放ったが、最後までゴールが遠かった。盛岡は粘り強い守りが光った。◎ソニー仙台 先制機逃し続けあと一歩及ばず 終始主導権を握ったソ...    
<記事全文を読む>