サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、下野新聞社、共同通信社、NHK共催)は22日開幕、県グリーンスタジアムなどで1回戦13試合を行い、本県代表で5年連続9回目の出場となる栃木ウーヴァFC(JFL)は山形県代表のFCパラフレンチ米沢(東北社会人リーグ2部)に6-1で快勝、4年ぶりに初戦を突破した。

 栃木ウーヴァは前半16分、DF鵜飼亮多(うかいりょうた)のロングスローをMF佐藤祐輝(さとうゆうき)が頭で合わせて先制。4分後にはFW松田康佑(まつだこうすけ)が追加点を挙げるなど、前半だけで5得点。後半40分、相手のサイド攻撃から1点を失ったが、終了間際にF...    
<記事全文を読む>