サッカーの第97回天皇杯全日本選手権大会県代表決定戦兼県選手権大会(愛媛新聞社など共催)は2日、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで決勝を行い、FC今治が7―0で松山大を下し6年連続6度目の栄冠を手にした。FC今治は天皇杯1回戦の23日、沖縄県総合運動公園陸上競技場で沖縄県代表と戦う。

...    
<記事全文を読む>