サッカー明治安田J2第10節は29日、松本市のアルウィンなどで11試合があり、松本山雅は讃岐に4―0で大勝し、3試合ぶりの白星を飾った。5勝2分け3敗で勝ち点17とした松本山雅は8位から6位に浮上。勝ち点7の讃岐は21位のまま。

 松本山雅は前節と同じ先発メンバー。ペナルティーエリア右でFKを獲得した前半13分、宮阪のキックを高崎が蹴り込んで先制。これで主導権を握った松本山雅は後半18分、讃岐の李が2枚目の警告で退場になった直後PKを高崎が決めた。さらに22分にエブソンが2枚目の警告で退場して得たFKから後藤が押し込み、岩間もダメ押し点を奪った。

 横浜FCは熊本に4―1で大勝し、勝ち点2...    
<記事全文を読む>