山形新聞グループは28日、サッカーJ2・モンテディオ山形(森谷俊雄社長)に応援募金100万円を贈った。

 グループ13社の社員を対象に募ったリボンマグネット募金などの善意を寄せた。寒河江浩二山形新聞グループ経営会議議長(山形新聞社長)、本間和夫山形放送社長が天童市のモンテディオ山形事務所を訪れ、森谷社長に募金を手渡した。

 山形は木山隆之(たかし)新監督を迎えた今季、9試合を終えて22チーム中、10位。寒河江社長は「いい順位につけている」、本間社長は「最後の追い込みには昔から定評がある」などと今後の浮上に期待し、森谷社長は「5月の大型連休のホーム2連戦で勢いをつけたい」と応えた。
<記事全文を読む>