徳島ヴォルティスは27日、純利益が1429万円とする2017年1月期の決算を発表した。選手の移籍金収入が大幅に減少した上、成績不振から広告料や入場料収入なども減り、純利益は前期比94%減となった。9年連続の黒字を確保したとはいえ、経営は厳しさを増している。

 クラブによると、営業収入は前期比17・1%減の14億4295万円。このうち、移籍金収入については、前期は外国人選手の海外移籍で1億8900万円だったが、今期はこうした特殊要因がなく、91%減の1700万円となった。

 広告料収入はスポンサーを4社獲得した。しかし、メーンスポンサーの契約金などが減額し、9・7%減の9億9100万円となっ...    
<記事全文を読む>