新体制で始動したサッカーJ2、V・ファーレン長崎は、5月中旬にも通信販売大手のジャパネットホールディングス(HD、佐世保市)の100%子会社となる。2005年発足の「県民クラブ」が一企業の手に渡ることになるが、子会社化には、迅速な変革を実現するためのメリットがあると同社はみている。■100%子会社 25日、長崎市で開かれた新体制発足の記者会見で、高木琢也監督とマスコットのヴィヴィくん、そして高田明新社長(68)が並ぶ姿が、スクリーンに映し出された。26日から始まる社員募集を呼び掛けるため、グループ会社が制作したポスターだった。さらに、聞き慣れた甲高い声で応募を呼び掛ける高田社長が登場す...    
<記事全文を読む>