サッカーJ2松本山雅FCの女性サポーターでつくる「松本山雅ーる(やまがーる)部」が、松本山雅のホームタウン6市町村産のワインを飲み比べる催しを松本市の飲食店で開いた。6市町村全てにワイナリーがあることから、サポーターの交流を兼ねて地域への愛着も深めようと初めて企画した。

 「同じ白ワインでもさっぱり感が違う」「反町監督も飲んでいるかもしれない」...。21日夜、同市中央1の「ワヰ(イ)ン酒場かもしや」で、松本山雅ーる部のメンバー6人がワインやサッカー談議に花を咲かせながら、グラスを傾けた。

 講師として参加した安曇野ワイナリー(安曇野市)醸造担当の加藤彰さん(43)は、自社のスパークリング...    
<記事全文を読む>