サッカーJ2松本山雅FCの元選手、片山真人さんと鉄戸裕史さんのトークショーが23日、岡谷市のレイクウォーク岡谷であった。山雅後援会岡谷支部が地域のファンを増やそうと企画。2人は1―1で引き分けた22日の京都戦を解説し、会場からの質問に答えた。

 鉄戸さんは、不利だとされる風下から攻めた前半を0―0と持ちこたえただけに、「後半で点を取られて悔しい試合」と振り返った。試合の間隔が短くなる大型連休は体力的につらいとし、「29日の讃岐戦に勝ち、気持ちを盛り上げた状態で連戦に入ってほしい」と語った。

 昨季限りで引退した鉄戸さんは、引退表明後の昨年12月、今季2年ぶりにチームに復帰することとなった村...    
<記事全文を読む>