サッカーJ2のFC岐阜を運営する岐阜フットボールクラブ(岐阜市)の2017年1月期決算は、売上高に当たる営業収入が9億3200万円(前期比6700万円減)と減少した一方、純利益は300万円(同微増)と2期連続の黒字となった。チームの成績不振などから興行収入が落ちたが、クラブ運営費などを抑制し前期並みの純利益を確保した。24日の株主総会で承認された。

 チケットの売り上げなどを含む興行収入は1億4600万円(前期比900万円減)、グッズ類の販売収入は5900万円(同400万円減)とともに減少。チームの成績不振や県の助成金の減額などが響いた。一方、スポンサー数は増加し、広告料収入は5億220...    
<記事全文を読む>