明治安田J2の第9節は23日、3試合を行った。FC岐阜はアウェーのPikaraスタジアム(香川県丸亀市)で讃岐と対戦し3-1で勝利し、敵地で勝ち点3を獲得した。3勝3分け3敗で勝ち点を12に上積みし、順位を11位に上げた。

 岐阜は前半6分、CKを短くつなぎ、MF庄司が上げたクロスのこぼれ球をFW古橋が押し込み先制。8分後には古橋のクロスに反応したFW田中が頭で合わせて突き放した。

 後半はパスが思うようにつながらなくなり、劣勢の時間が目立った。27分に失点して1点差とされたものの、途中出場のFW山田が44分に古橋のパスから決定機をものにし、勝利を決定付けた。

 岡山は山形に2-1で勝ち、熊...    
<記事全文を読む>