明治安田J2第9節最終日(23日・シティライトスタジアムほか=3試合)ファジアーノ岡山はホームで山形を2―1で下した。勝ち点12(3勝3分け3敗)で14位に浮上した。

 讃岐は岐阜に1―3で敗れた。ファジアーノは次節、ホームで湘南と戦う。岡山2―1山形前半1―0後半1―1岡山 3勝3分け3敗(12)山形 3勝4分け2敗(13) 【評】ファジアーノは前半4分、CKからDF喜山が先制点を決め、試合を優位に進めた。後半7分にはMF朴亨鎮のクロスがオウンゴールを誘発し、リードを広げた。前線からのプレスや体を張った守備は力強く、勝利への執念を感じさせた。運動量が落ち、ミスも目立った終盤の戦い方には...    
<記事全文を読む>