サッカーJ2は第9節最終日の23日、各地で3試合を行った。モンテディオ山形は岡山市のシティライトスタジアムで岡山と対戦し、1―2で敗れた。黒星は3試合ぶり。通算成績は3勝4分け2敗で勝ち点は13、順位は前節と同じ10位。

 前半4分に岡山の左CKから失点。その後は主導権を握る時間帯もあったが、無得点で後半へ。同7分には相手の右クロスに対し、痛恨のオウンゴールで追加点を献上した。同31分には相手のクリアミスからDF菅沼駿哉がヘディングでゴール前にパスを送り、途中出場のFW中山仁斗が押し込んで1点を返した。しかしその後は、守りを固める岡山のゴールをこじ開けられなかった。

 山形は第10節の29...    
<記事全文を読む>