J2アビスパ福岡が1-0でV・ファーレン長崎との九州ダービーを制し、勝ち点を14に伸ばした。途中出場の坂田大輔(34)が後半35分に値千金の今季初ゴール。CKに合わせ、ヘディングシュートを決めた。ホームで今季初黒星を喫した長崎は、初の連敗で同13のまま。大分トリニータは後藤優介(23)が2試合連続ゴールを挙げ、金沢を1-0で撃破。3試合ぶりの白星で同13に伸ばした。■17年連続ゴール 34歳のベテランの嗅覚だった。後半35分の右CK。途中出場した福岡の坂田がニアに飛び込み、頭で合わせた。「サインはなかったけど、ニアがぽっかり空いていた。コマさん(駒野)なら出してくれると思った」。Jリー...    
<記事全文を読む>