明治安田J2第8節第1日(15日・維新百年記念公園陸上競技場ほか=9試合)13位の千葉は19位の山口を1-0で下し、5試合ぶりに勝利。勝ち点を12に伸ばした。

 千葉は相手の3倍となる計18本のシュートを放つなど、終始ボールを支配。後半46分にラリベイが今季初得点となるPKを決めた。

 首位の名古屋は徳島と2-2で引き分けて連勝が4で止まり、勝ち点は17。得失点差で2位の湘南も岐阜と3-3で引き分けた。

...    
<記事全文を読む>