明治安田J2第8節第1日(15日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=9試合)V・ファーレン長崎は、福岡との九州ダービーに0-1で敗れ、今季初の連敗となった。通算成績は4勝1分け3敗(勝ち点13)で、前節の6位から8位に後退した。

 首位の名古屋は徳島と2-2で引き分けて連勝が4で止まり、勝ち点は17。得失点差で2位の湘南も岐阜と3-3で引き分けた。3位の東京Vは山形に0-1で敗れた。

 V長崎は後半8分、自陣でインターセプトしたMF澤田がFW中村とのワンツーで中央突破。ゴール前まで運んだが、中村のシュートは相手GKに阻まれた。同35分、CKから福岡のFW坂田に頭で決勝ゴールを決められた。...    
<記事全文を読む>