明治安田J2第8節第1日(15日・正田醤油スタジアム群馬ほか=9試合)水戸は群馬に1-0で逃げ切り、3試合ぶりの白星をものにした。通算成績は3勝1分け4敗、勝ち点10で順位を13位に上げた。水戸は前半21分、右サイドを駆け上がった白井の低いクロスに林が左足で合わせて先制した。林は今季4点目。その後も前田のスピードを生かした攻めで相手ゴールに迫った。守備陣は集中を切らさず、終盤攻勢に出た相手を無失点に抑えた。■アウェー初勝利よかった 水戸・西ケ谷監督アウェーで初勝利できたこと、ダービーで勝ち点3を取れたことはよかった。この2試合、粘り強さを出せなかったが、厳しいゲームを完封で終えられた...    
<記事全文を読む>