ヴォルティス、山口とドロー 暫定6位 明治安田J2第7節第1日は8日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場などで8試合があり、徳島は1―1で山口と引き分け、勝ち点13で暫定6位となった。両チーム合わせて36本のシュートが飛び交い、山口が後半28分に先制。徳島は敗戦が濃厚となった後半のロスタイムにFW渡のヘディングシュートで同点に追い付いた。名古屋は讃岐を2―1で退け、4連勝で勝ち点を16に伸ばした。横浜FCはイバの2点で京都を2―0で下して同14。同15の東京V―湘南など3試合は9日に行う。

...    
<記事全文を読む>