サッカーJ2・モンテディオ山形は7日、天童市の県総合運動公園内で、9日のホーム大分戦に向けて非公開練習を行い、冒頭のみ報道陣に公開した。

 終了後に取材に応じたFW瀬沼優司は「大分に対する守備時の立ち位置やプレスのかけ方を確認した」と説明し「求める結果が出ていないが、落ち込んでいる暇はない」と表情を引き締めた。FW鈴木雄斗は「ボールを奪った後の攻めを意識したい。自分もサイドから中に入った方が攻撃にかける人数が増え、厚みが出る」とゴールのイメージを膨らませた。

...    
<記事全文を読む>