岡山、水戸、金沢の3市が日本三名園とサッカーJ2を縁に観光PRで連携するイベント「アラウンド・ザ・日本三名園」が8日、ファジアーノ岡山とツエーゲン金沢の試合に合わせてシティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で開かれる。

 午後7時のキックオフに先立ち、同3時から金沢、岡山市がそれぞれスタジアム前にブースを開設。金沢市は名物のきんつば3個入り150セットを販売するほか、先着300人に地元銘菓が当たる抽選会などを開催。岡山市は、小学生以下の先着200人に市内メーカー製造の菓子をプレゼントし、市の観光パンフレットや桃太郎をデザインしたご当地マンホールのコースター50セットを金沢サポーターに...    
<記事全文を読む>