J2ファジアーノ岡山は4日、政田サッカー場(岡山市)で普及コーチらを対象にした指導者講習会を開き、22人が子どものコミュニケーション能力や自主性を高めるための練習法を体験した。

 県体協のトップアスリート派遣事業や出前講座を通じ、クラブ外で小学生や幼稚園児らに教える機会が多いコーチの資質向上を図る狙い。講師にJ1のFC東京で普及部長などを務めた川村元雄氏=東京都在住=を招き、約1時間半、指導を受けた。

 川村氏は一列になってボールを手渡しながら前進するなど、協調性が問われる練習メニューを紹介し、参加者も体験。課題に直面した子どもたちには状況に応じ、さまざまに問い掛けることで「自ら解決法に気...    
<記事全文を読む>